「嶋田哲也」審判のプロフィールを紹介!元阪神タイガースの選手!

ミトです。

9月13日(月)の中日ドラゴンズと東京ヤクルトの試合で

高津監督が猛抗議しました。

9回表の東京ヤクルトの攻撃で2塁塁審の「嶋田」審判のジャッジが

行われなかったことに対しての抗議でした。

今回は2塁塁審だった「嶋田」審判のプロフィールを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

「嶋田哲也」審判のプロフィールを紹介!

この投稿をInstagramで見る

っぽい(@poipoi_sdn)がシェアした投稿

●名前:嶋田 哲也

●出身地:山口県山陽小野田市

●生年月日 :1967年5月13日

●年齢:54歳

●身長/体重:183㎝/82㎏

●選手情報:阪神タイガーズ(1991年‐1998年)

●投球・打席: 右投右打

●ポジション: 投手

●プロ入り: 1990年 ドラフト5位

●出身高校:山口県立柳井商業高等学校

●社会人野球:王子製紙米子

プロ野球選手としての活躍

中学から野球を始め、山口県の柳井商業高から社会人野球の王子製紙米子に進みます。

都市対抗野球も未経験ですが、1990年のプロ野球ドラフト会議で阪神タイガースから5位指名を受け入団します。

プロ1年目の1991年から一軍初登板を果たし、1993年にはプロ初勝利を挙げます。

1996年には中継ぎとして自身最多の22試合に登板しますが、以降は一軍登板がなく、1998年に自由契約になり現役を引退します。


プロ野球の審判員としての活躍

引退の翌年1999年にセントラル・リーグの関西審判部に入り、プロ野球審判員となります。

審判員袖番号は24です。

2014年には、日本シリーズ(阪神対ソフトバンク戦)初出場を果たし、10月28日の第3戦(ヤフオクドーム)で球審を務めています。

2017年4月16日、ナゴヤドームで行われた中日対巨人6回戦で二塁塁審を務め、史上126人目の通算1000試合出場を達成します

2021年シーズンより、サブクルーチーフに昇格しています。

かなりのベテラン審判員ですね!!

まとめ

今回は「嶋田哲也」審判のプロフィールを紹介しました。

色々とネットでは書かれていますが、審判も人間なので誤審はあるので

仕方ないと思います。

説明と謝罪をすべきとの声もありますが、なかなか審判員も引き下がれない立場だと

おもいますので、難しい問題ですね!

スポンサーリンク