さくらまやさんが替え歌「不安げ」で再ブレイク!現在の彼女は?

こんにちは。

ミトです。

演歌歌手の「さくらまや」さんの紅蓮華の替え歌の「不安げ」

かなりネットで話題になっていますね。

「さくらまや」さんと不安げの替え歌について調べてみました。

スポンサーリンク

さくらまやさんが替え歌「不安げ」で再ブレイク!

さくらまやさんが替え歌で歌った「不安げ」は 、2020年10月27日放送のTBS系「歌ネタゴングSHOW 爆笑!ターンテーブル」で披露しました

この替え歌は、紅蓮華の替え歌で、ご自身の現状の状況をうまく替え歌として歌い上げています。

さくらまやさんは、2020年7月に、時価総額約1億円のマイホームを35年ローンで購入したのですが、コロナの影響で仕事が激減し、さらに所属事務所を退所し、独立しました。

更に、2020年12月27日のTBS系「歌ネタゴングSHOW 爆笑!ターンテーブル」で「不安げ」の第2弾「不安げⅡ」の替え歌を披露し、ネットでかなり話題になりました。

ネット上のコメントを紹介します。

このコメント以外に多くのコメントが投稿されています。

さくらまやさんのプロフィール!

そもそもさくらまやさんはどんな人なのでしょうか?

<出典元 https://twitter.com/>

さくらまやさんのプロフィール

●本名:草野 真耶(くさの まや)

●誕生日:1998年7月26日

●年齢:22 歳

●事務所:さくらまやプロダクション

●レコード会社:日本クラウン

●出身地:北海道帯広市

●血液型:O型

●身長:147㎝

●スリーサイズ(B:W:H):非公表

●大学:日本大学法学部政治経済学科 在学中

実は、子供のころに演歌がうまい子供として早々と話題になっています。


岡部磨知さんの主な経歴です。

さくらまやさんの主な経歴

●1998年:北海道帯広市の老舗割烹料理店に2人姉妹の次女として生まれるます。
2歳半からヴァイオリン、3歳からピアノ、ソルフェージュ、童謡、8歳からハープ、琴など幼少時より音楽に関する英才教育を受けます。

●2004年:全国童謡歌唱コンクールグランプリ大会で金賞受賞。

●2005年:6歳のときに安藤和憲歌謡学院で演歌を習い始めます。

●2008年:日本クラウンから史上最年少演歌歌手として「大漁まつり」でデビュー。
12月31日には格闘技興行「Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜」で国歌を歌います。

●2009年:東京の台東区立千束小学校へ転校し、東京のマンションで母と二人暮らしを開始。

●2009年12月2日:第51回日本レコード大賞新人賞を受賞。第42回日本有線大賞新人賞も受賞。
『第60回NHK紅白歌合戦』の企画コーナー「子供紅白歌合戦」に紅組歌手としてゲスト出演、デビュー曲「大漁まつり」を熱唱します。

●2010年:4月放送のフジテレビ開局50周年記念ドラマ『わが家の歴史』に出演し、10歳の美空ひばり役を演じます。

●2010年11月21日、第52回日本レコード大賞日本作曲家協会奨励賞を受賞した。受賞年齢12歳の最年少受賞。

●2013年7月:エステー「消臭力」のCMに出演し、同じ1998年生まれで同CMでおなじみのミゲルとともに歌手ユニットMarMee(ミゲル&まや)を結成。
12月18日にはデビューアルバム『MarMee』をリリースします。

●2014年4月:東京都内の都立高校へ推薦で進学します。

●2015年8月:ミュージカル『赤毛のアン』にアンの親友ダイアナ・バリー役で出演し、ミュージカルに初挑戦
高校3年生となった2016年夏も受験勉強のかたわらで2年連続で同作品の舞台に出演、大学進学後も2017年夏、2018年夏、2019年夏と5年連続で同作品に出演を続けている。

●2017年:一般入試で日本大学法学部政治経済学科に合格します。

●2020年:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大による社会情勢の変化に伴い、デビュー以来10年以上にわたって所属したシンエイVとの専属契約を終了し、退社します。
新たに個人事務所「さくらまやプロダクション」を設立して活動を開始します。

歌手としては、シングル:9種類、アルバム:3種類をいままでにリリースしています。

さくらまやさんの現在は?

さくらまやさんは現在も個人事務所で芸能活動を続けていますが、一旦は替え歌でブレークしたもものの本業の歌手はいまだにコンサートもできない為、厳しい状況のようですね。

2020年7月に家を買い、8月に無職になった為、家のローンがかなり厳しいようですね。

「不安げ」の歌詞にも状況が表れていますね。

  8月 無職に 22歳で建てた演歌御殿

ローン地獄  まだ2回しか払ってない

月末怖い 悔しくて一人(サンドバックを殴る蹴る)

気づけば朝(拳から血が出てる) 払っていけるのは自分自身だけ

それだけさ 大人を信じて今は無職 だから本音言うよ

演歌なんて歌いたくない

アニソン歌いたい 「おばあちゃんのため紅白出たい」

そんなもん全部嘘 本当はお祭りの営業だけやってたい

個人事務所よ 立ち上がれ

お仕事ちょうだい

<引用元 不安げの歌詞>

事務所の退社ももめた訳では無く、本当にコロナウィルスの影響だったようです。

コロナ不況は、“営業”を活動のベースとする演歌歌手たちにも暗い影を落とした。全国の祭り・イベントは軒並み中止。キャンペーン活動は、ほぼ不可能となった。

「私が所属していた事務所も、今まで通り存続させていくのが厳しくなって。『来月で契約を終了したい』という話になりました。私も学費が払えなくなったら困るなと思って、『お給料もらえないと大変だから、独立して、細々とやってみようと思います』と言ってみたら、『あ、頑張って、応援するね』って。だからべつに、揉めたとかじゃないです。今は大変だから、しょうがないね、っていう感じでしたね」

<引用元 https://news.yahoo.co.jp/>

恋愛も全くの皆無のようですね!ご本人談で話しています。

「恋愛は、まったくと言っていいほどしないんですけども、どうしましょう(笑)。結婚願望も特にありません。機会があれば、という感じです」

恋愛よりも、今は仕事と学業で精一杯。そんなさくらだが、なんと、これまでに見合いの話が100件以上寄せられているという。

「いや話だけで、私は一度もお相手の写真も見たことはないです。母が勝手に心配してまして。何かで、結婚は早い方がいいみたいなニュースを見たらしく、急に焦りはじめて(笑)。

初めて会った人にも『誰かいい人いたらお願いします』って頼むから、どんどん話だけ来るんですよ。『まやが25歳になるまで待って』と言ってあります」

<引用元 https://news.yahoo.co.jp/>

現在も恋愛よりやはり仕事ですね!なんといっても演歌御殿のローンの支払いが先ですかね?

さくらまやさんと同じように演歌歌手として活躍されている丘みどりさんについて、

他のブログで投稿していますので、良かったら見てください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は替え歌で再ブレイクしそうな歌手の「さくらまや」さんについて、投稿しました。

まだ22歳なので、これから演歌以外のジャンルの歌も歌って頑張ってほしいですね。

スポンサーリンク