俳優・伊原剛志さんが経営するお好み焼き店!社長は妻の伊原純子さん!

こんばんわ。

ミトです。

3月18日(木)の「アウト×デラックス」に俳優の伊原剛志さんが出演します。

番組でも紹介されるようですが、伊原剛志さんは俳優業の傍らでお好み焼き店を経営しています。

今回はこのお好み焼き店の情報を調べてみました。

スポンサーリンク

俳優・伊原剛志さんの簡単なプロフィール

まずは最初に伊原剛志さんの簡単なプロフィールを紹介します。

<出典元:https://natalie.mu/>

伊原剛志さんのプロフィール

●本名:伊原 剛(いはら つよし)

●誕生日:1963年11月6日

●年齢:57 歳

●事務所:IHARAオフィス

●出身地:福岡県北九州市

●血液型:O型

●身長:184㎝

●配偶者:相築あきこ(1990年 – 2000年)
伊原純子(2001年 – )

伊原剛志さんの主な経歴です。

伊原剛志さんの主な経歴

●1982年:ジャパンアクションクラブに入団。

●1983年:舞台『真夜中のパーティ』で俳優デビュー。

●1984年:『コータローまかりとおる!』で映画初出演を果たす。

●1990年:相築あきこさんと結婚(2000年に離婚)。

●1992年:お好み焼き屋「ぼちぼち」を開業。

●2001年:一般女性と再婚(現在の奥様)。

●2012年:ブラジル映画『汚れた心』での演技により、第15回プンタデルエステ国際映画祭の主演男優賞を受賞する。

●2014年4月期:『トクボウ 警察庁特殊防犯課』で連続テレビドラマに初主演。

●2015年:「COTTON USA AWARD 2015」を受賞。

●2016年:桂雀々に弟子入り。雀々や剛々の高座名で落語家デビュー。

●2020年1月:所属事務所・ケイダッシュとの契約を終了し、個人事務所「IHARAオフィス」を設立]。

落語家としてもデビューしていたとは知りませんでした。

色々なことに挑戦されていますね。

俳優・伊原剛志さんが経営するお好み焼き店!

伊原剛志さんの経歴にも掲載しましたが、1992年にお好み焼き屋「ぼちぼち」を開業しました。

この店は既に閉店していますが、当時の口コミでは、値段も安くておいしいと投稿されています。

ぼちぼち 桜新町店

一見ラーメン博物館?池袋の餃子スタジアム?
的なかんじのレトロな雰囲気をかもし出しているお店でした。
人気店らしくいつでも店内は込み合っています。

味、値段ともにかなり美味しいです。
お勧めはカウンター。
焼いて貰えますから!

<引用元 https://tabelog.com/>

現在は、鉄板焼・お好み焼き「ごっつい」という店舗になっています。

直営店は東京都内に6店舗、暖簾分けの店舗が東京都内で5店舗あります。

2018年3月期で売上高4億41百万円、経常利益6百万円!

「ごっつい」で人気の「めっちゃごっつい焼」です。

<出典元 https://www.favy.jp/>

メニューもおいしそうですね!

この「ごっつい」ですが、元々もは会社を株式会社アイテムとして経営していました、2018年に株式会社ホットランド(築地銀だこ)の子会社となります。

ホットランド社の取得価格は5億円のようです。
伊原剛志さんもご自身でお好み焼きで知人をもてなすようですね!

社長は妻の伊原純子さん!

株式会社ホットランドの子会社となりましが、株式会社アイテムの社長は、伊原剛志さんの

現在の奥様である「伊原純子」さんです。

<出典元 https://foogent.jp/>

ご本人のインスタグラムにも「ごっつい」の店舗での様子が投稿されています。

この投稿をInstagramで見る

Gottsui.junko(@junko_ihara)がシェアした投稿

ご本にも雑誌のインタビューで伊原剛志さんとの結婚が大きな転機になってようです。

剛志氏は役者業のかたわらで「お好み焼き店」を経営していた。自ら店に出て「お好み焼き」を焼くほど、経営には本腰を入れていたそうだ。

友人の紹介で知り合った2人は、2001年に結婚するが、それ以前に剛志氏は、彼女に社長の席を譲り、会長に退いている。伊原は、この剛志氏との出会いから、飲食業に乗り出すことになったのである。

「男性社会だった」と彼女は振り返る。社員は、全員男性。

そこに女性の伊原が社長となって登場することになる。最初は冷ややかな目で見られたこともあったのではないだろうか。だが、彼女は、ひるむことなく、この「男社会」に「女性の視点」で切り込んでいった。

「ごっつい」は、桜新町店でブレイクすることになるが、主人とともに昭和の良き時代をモチーフにしたこのお店をプロデュースしたのは伊原である。

冒頭にも書いたが、主人の思いを形にし、昔関西の日常にあった小銭を握って食べに行った「お好み焼き屋」を再現したようなお店である。

伊原は女性ならではのアイデアを次々に導入する。

<引用元 http://in-shoku.info/>

伊原純子さんの社長就任時の画像もありました。(左から2番目)

まとめ

いかがだったでしょうか。

伊原剛志さんが経営しているお好み焼き店の内容を今回はご紹介しました。

凄くうらやましい生活ですよね!

スポンサーリンク