千住真理子のプロフィールを紹介!愛用バイオリンが高額!兄弟の職業も凄い!

スポンサーリンク

ミトです。

 

9月7日(火)の「踊る!さんま御殿!!」にせっかちな人として

バイオリニストの「千住真理子」さんが出演します。

 

私自身が「千住真理子」さんのことを知らなかったのでプロフィールを調べたら

兄弟の職業もすごかったので、プロフィールとともに兄弟の職業も紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

千住真理子さんのプロフィール!

千住真理子さんのプロフィール

 

●名前:千住 真理子(せんじゅ まりこ)

●生年月日:1962年4月3日

●年齢:59歳

●出身:東京

●大学:慶應義塾大学文学部哲学科

●血液型:A型

●所属:ジャパン・アーツ

 

生後2年3ヶ月からバイオリンを習っていたようです。

1972年に第26回全日本学生音楽コンクール東京大会小学生の部で第2位になり、翌1973年、同コンクール東京大会、全国大会小学生の部で第1位になります。

プロデビューは1975年で12歳の時です。

15歳の時、第46回日本音楽コンクールを最年少で優勝、1979年の17歳の時に第26回パガニーニ国際コンクールに最年少で入賞します(第4位)。

慶應女子高時代に、「天才」と言われ続けたきたことと、努力したことのギャップが負担となり、20歳のときにバイオリンや音楽から離れることがありました。

 

大学は、音楽系の大学ではないことにびっくりしましたね。

大学時代も最初のころは音楽から離れていたようですが、ボランティア活動をしていたときに、ホスピス訪問の時に末期患者に「千住真理子に会いたい」と言われ、大学卒業後にプロの道に進みます。

 

千住真理子さんの結婚歴

結婚は実は2回していますが、2回とも離婚しており、現在は独身です。

 

1回目の結婚は20代の時で、母親から4歳年上の医師を紹介されて結婚したようです。

なんでも結婚式の前日に結婚相手のもう一つの顔を知ってしまい離婚を決意したとのことです。

当時出演していたNHKからキャスターの話が出たので1年間は離婚を我慢してほしいと言われ
その通りにして1年後に離婚したようです。

 

2回目の結婚は30歳の時で、この結婚相手も母親の紹介のようです。
今度の夫は「誠実な男性」であったようですが、この先の人生はバイオリンだけで生きていきたい思いが強く、離婚したようです。

 

愛用のバイオリンが高額!

愛器は1716年製のストラディヴァリウスで、「デュランティ」の愛称で知られる名器です。

この楽器はスイスの富豪が持っていたいようですが、2002年にその富豪が演奏家のみを対象に売りに出し、千住家が2億円から3億円(正確な金額は非公表)で購入した。

 

驚きの価格ですね!!

 

非常にデリケートなバイオリンのようで、自宅では、ストラディヴァリウスをヴァイオリン・ケースに入れ、さらに室内に湿度計を3つ置いて湿度をチェックしながら、大切に保管しているようです。

 

更に、世界での演奏のためにストラディヴァリウスを飛行機で運ぶときは、ストラディヴァリウスのために飛行機の座席を1人分用意し、ストラディヴァリウスにシートベルトをかけて、さらにクッションを敷いて置いているとのことです。

 

 

千住真理子さんの兄弟の職業!

千住真理子さんの経歴も凄いのですが家族構成もすごい状態でした。

 

●父:工学博士(慶應義塾大学名誉教授)の千住鎮雄さん

2000年9月2日に亡くなれています。

 

●母:エッセイスト・教育評論家の千住文子さん

2013年6月27日に亡くなれています。

 

●長兄:日本画家の千住博さん

軽井沢に「千住博美術館」があります。現在はニューヨークに在住されています。

 

●次兄:作曲家の千住明

 

両親を含めて兄弟もみんな有名な方なのですね!

 

今回は「千住真理子」さんのプロフィールやご家族の情報を紹介しました。

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました