yurinasiaとはどんな人?ダンス拠点として福岡を離れない理由は?

スポンサーリンク
エンタメ

こんばんわ。

ミトです。

 

8月8日(日)の「関ジャム 完全燃SHOW」に「yurinasia」さんが登場します。

yurinasiaさんはダンサーとして活躍されているようですが、どんな人でしょうか?

 

知らないことが多いので、調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

yurinasiaとはどんな人?

それではyurinasiaさんの簡単なプロフィールを見ていきましょう!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

yurinasia(@yurinasia)がシェアした投稿

生年月日1992年11月24日
年齢28歳
出身福岡県遠賀郡水巻町
職業振付師
ダンスアーティスト
ダンサー
配偶者ayumugugu(2014年 – )
子供2人
事務所SPACE SHOWER MUSIC(エージェント契約)

 

元々はダンススクールを地元で開催しており、その様子をSNSで投稿していました。

この動画は、yurinasiaさんがスクールの生徒と作り上げたダンスの様子です。

 

 

徐々に有名になりミュージックビデオやテレビへの出演、CMなどの振付・演技指導を手掛ける

ようになります。

 

優里さん、Lucky Kilimanjaroさん、Vaundyさんなどのアーティストから、ポカリスエットの

CM等の振り付けを手掛けています。

 

旦那様はブレイクダンサーのayumuguguさんで、夫妻でユニット『botanic』としても活動し

ています。

yurinasiaがダンス拠点として福岡から離れない理由

yurinasiaさんはどうして福岡から離れないのでしょうか?

現在住んでいる「福岡県遠賀郡水巻町」は人口が3万人ぐらいの小さな町です。

 


ダンスを行うのに上京しなかった理由をインタビューで語っています。

 

単純だけど、地元が好きだし、家族や両親が大好きだから。上京しないと駄目だとか、したいとか思ったことがなくて、家族ができた時からここでやっていこうというのは決めていました。実家が近いので子育てもしやすいし。

最近下の子が幼稚園に行くようになって、私ひとりで東京に行けるようになってきたから、なおさら行く必要がないなって。むしろこっちから発信して、みんなが来たらいいじゃんっていう感覚でやっています」

 

「以前から、東京や関西へは頻繁に行っていましたし、20歳の頃、2ヶ月ほどアメリカにも行ってみました。ダンスを学ぶならNYに行くべき、みたいなことは、先輩たちも大事にしてきたことだし、実際に言われてきてもいたので、本場で何か感じようと思って行ったんですが、わかったのは『どこでやっても同じだな』ということ。それがわかっただけ、行って良かったとは思いますけどね。

それに、東京みたいな都会でいまの活動をやったとしても、レア感がないじゃないですか。都会の方が情報量や仕事量が多いのはわかっていますが、水巻のど田舎の公民館でダンスを踊っている〈福岡の田舎の団体〉というレアな感じを大事にしたいですね

<引用元 https://qualities.jp/>

 

凄いですね。共感できることがありますが、それを実現して成功していることが凄いです。

みんな都会にあこがれて、状況する人が多いですよね!!

 

まとめ

如何だったでしょうか?

今回は、福岡を拠点として活躍するダンサーのyurinasiaさんをご紹介しました。

田舎でも十分やっていけることを証明している彼女に凄く共感を持ちました。

 

これからもがんばってほしいです。

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました