2021年熱田神宮初詣。混雑状況と屋台は?

こんにちは。ミトです。

2021年の熱田神宮の初詣でですが例年と同様に混雑が予想されます。

コロナウィルスの影響もあり、正月の帰省も自粛される方も多いと思います。

そうすると自宅周辺の神社に初詣に行く人も増えるのではと思っています。

混雑や比較的空いている時間と屋台の出店についてまとめてみました。

スポンサーリンク

2021年熱田神宮の初詣の混雑予想

2021年の熱田神宮の初詣もコロナウィルスの影響はありますが、例年通りに参拝可能です。

例年と変わらずに大晦日と三が日は大変混雑すると予想されます。

熱田神宮は、24時間参拝可能です。なので三が日でも夜の遅い時間に行くと比較的空いてると思います。

例年を含めて大晦日から三が日の混雑予想です。

日付 混雑する時間 比較的空いている時間
12月31日(木) 21時~翌午前3時 16時~21時
1月1日(金) 午前9時~午後16時 午前4時~8時、午後16時以降
1月2日(土) 午前9時~午後16時 午前4時~8時、午後16時以降
1月3日(日) 午前9時~午後16時 午前4時~8時、午後16時以降
1月4日(月) 午前10時~午後15時 朝、午後16時以降
1月5日(火)(初えびす) 午前9時~午後16時 午前4時~8時、午後16時以降
1月6日(水) 1月5日までと比べると終日空いていると想定されます
1月7日(木)  1月5日までと比べると終日空いていると想定されます

私自身は毎年三が日や初えびすの日の午前中は避けて、参拝します。

2020年は1月5日の午後3時ぐらいに行きました。それでも参拝者は多いですが、三が日と比べるとかなりスムーズに参拝できました。

2021年熱田神宮の初詣で屋台は出店される?

2021年も熱田神宮は屋台は出店されるようです。

例年、南門-東門-西門、周辺道路にかけて多くの屋台が出店されます。

屋台は日によって開いている時間が少し異なります。

12月31日: 夜~翌朝

1月1日1月3日: 朝9時頃から夜22時頃まで

1月4日: 朝10時頃から翌1/5の深夜3時頃まで

1月5日以降: 朝10時頃から夕方18時頃まで

だいたい1月10日ぐらいまで屋台は出ています。出店数は減っていきますね。

1月5日以降は、午前10時ぐらいだとまだ準備中の屋台が多いと思います。

なので、たくさんの屋台で購入したい場合は午後13時以降が良いです。

まとめ

2021年の初詣で熱田神宮を訪れる予定の方は例年と変わらず混雑が予想されます。

コロナウィルスの影響もありますので、皆さんで時間をずらして参拝されるのが良いかと思います。

また熱田神宮周辺の比較的駐車しやすい駐車場も紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

スポンサーリンク