オリンピックの400mリレー!リザーブ選手のメダルは?

おはようございます。

ミトです。

東京オリンピックが開幕しましたね。

無観客ですが、やはり開幕すると気になることがたくさんあります。

今回はメダルについてです。

オリンピックは個人種目や団体種目がありますよね!

メダルを獲得した場合、個人種目では個人の選手に

団体種目ではその団体全員にメダルが授与されます。

陸上競技のリレー種目でメダル獲得した場合がどうなるのか気になったので

調べてみました。

スポンサーリンク

オリンピックの400mリレー!リザーブ選手のメダルは?

オリンピックの陸上でリレーは男女の400mリレー、男女の1600mリレー、男女混合の1600mリレーがあります。

日本のリレー出場種目

日本チームが出場する種目は、以下の通りです。

●女子400mリレー

兒玉芽生、鶴田玲美、齋藤愛美、青山華依、石川優

●男子400mリレー

多田修平、山縣亮太、小池祐貴、桐生祥秀、デーデーブルーノ

●男子1600mリレー

ウォルシュジュリアン、川端魁人、佐藤拳太郎、鈴木碧斗、伊東利来也

各リレーの種目は4名まで出場し、出場選手は個人種目でエントリーしている選手も参加可能です

そのため、男子の場合「サニブラウン アブデル・ハキーム選手」、「山下潤選手」、「飯塚翔太選手」も出場可能です。

また予選と決勝のメンバーも変更可能です。

リザーブ選手はメダルがもらえるのか?

男子の400mリレーは、リオオリンピックで銀メダルを獲得し、東京オリンピックでもメダル獲得の期待が非常に高いですね。

ではリレー種目でメダル獲得した場合は、リザーブ選手もメダル授与されるのでしょうか?

リザーブ選手はメダルは授与されません。

そのなんです。最終的に決勝レースで走ったメンバーが授与対象となります。

実際リオオリンピックでは、「山縣亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥」選手の4名がメダルを授与されました。

当時のリザーブだった藤光謙司選手の記事がありました。

2016年8月、リオデジャネイロ五輪400メートルリレーで日本は銀メダルを獲得した。「男子トラック史上最高成績」という偉業を成し遂げた山県亮太(25、セイコーホールディングス)、飯塚、桐生、ケンブリッジは帰国後、テレビ出演や各種表彰に引っ張りダコとなった。

 しかし、藤光は大会直前に左太もも裏を痛めたこともあり、リレーはリザーブに甘んじ、メダルを首に掛けることは叶わなかった。

<引用元 https://www.sankei.com/>

厳しい世界ですね。

試合直前までメンバーと同じ練習をしているのですが、最後は出場しているかによって、

大きくかわります。

東京オリンピックの男子400mリレーの出走メンバーを予想!

まとめ

今回はオリンピックの陸上のリレー種目でメダル獲得した場合に

リザーブ選手はメダル授与されるかを調べました。

結果としては、「授与されません」

厳しい世界です。

東京オリンピックのリレーの出走メンバーはまだ確定していませんが、

どの選手も最後の調整をして頑張ってほしいです。

スポンサーリンク