井岡一翔の戦績。彼を支えている家族。

こんばんわ。ミトです。

大晦日に「井岡一翔」選手と「田中恒成」選手の世界スーパーフライ級タイトルマッチがありますね。

そこで「井岡一翔」選手の過去の戦績や彼を支えている家族について調べてみました。

スポンサーリンク

井岡一翔選手の戦績

<出典元 https://news.yahoo.co.jp/>

「井岡一翔」選手は、4階級(WBA世界ミニマム級、WBA世界ライトフライ級、WBA世界フライ級、WBO世界スーパーフライ級王)の世界タイトルを取りました。

プロボクサーになってからの戦績です。23戦22勝1敗0分です。

日付 対戦相手 勝敗 時間 内容 備考
1 2009/4/12 トンタイレック・ポーウォラシン 3R 0:26 TKO プロデビュー戦
2 2009/7/26 松本博志 (角海老宝石) 2R 2:59 TKO  
3 2009/12/29 國重隆 (大阪帝拳) 10R 判定3-0  
4 2010/4/18 ヘリ・アモル 10R 判定3-0  
5 2010/7/25 アルバート・アルコイ 9R 1:57 TKO  
6 2010/10/10 瀬川正義(横浜光) 10R 1:57 TKO 日本ライトフライ級王座決定戦・王座獲得
7 2011/2/11 オーレイドン・シスサマーチャイ 5R 1:07 TKO WBC世界ミニマム級タイトルマッチ・王座獲得
8 2011/8/10 ファン・エルナンデス 10R 判定3-0 WBC防衛1
9 2011/12/31 ヨードグン・トーチャルンチャイ 1R 1:38 TKO WBC防衛2
10 2012/6/20 八重樫東(大橋) 12R 判定3-0 WBC・WBA統一王者獲得
11 2012/12/31 ホセ・ロドリゲス 6R 2:50 TKO WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ・王座獲得
12 2013/5/8 ウィサヌ・ゴーキャットジム 9R 2:51 KO WBA防衛1
13 2013/9/11 クワンタイ・シスモーゼン 7R 2:17 KO WBA防衛2
14 2013/12/31 フェリックス・アルバラード 12R 判定3-0 WBA防衛3
15 2014/5/7 アムナット・ルエンロエン 12R 判定1-2  
16 2014/9/16 パブロ・カリージョ 10R 判定3-0  
17 2014/12/31 ジャン・ピエロ・ペレス 5R 2:09 KO  
18 2015/4/22 ファン・カルロス・レベコ 12R 判定2-0 世界最速王座3階級制覇
19 2015/9/27 ロベルト・ドミンゴ・ソーサ 12R 判定3-0 WBA防衛1
20 2015/12/31 ファン・カルロス・レベコ 11R 1:57 TKO WBA防衛2
21 2016/7/20 キービン・ララ 11R 1:11 KO WBA防衛3
22 2016/12/31 スタンプ・キャットニワット 7R 2:51 TKO WBA防衛4
23 2017/4/23 ノクノイ・シットプラサート 12R 2:51 判定3-0 WBA防衛5

ファイトマネーは1試合2000万ぐらいだったようですが、4階級制覇後は3000万~4000万ぐらいになっているようです。

井岡一翔を支えている家族

「井岡一翔」選手は、これほどの戦績を残している陰に家族の支えがあってからこそだと思います。

「井岡一翔」選手の家族構成を見ていきましょう。

  1. 妻:吉田恵美さん(元モデル)
  2. 子供:吉田恵美さんとの子供1人
  3. 父親:井岡一法さん
  4. 母親:井岡美穂さん
  5. 元妻:谷村奈南さん(元タレント)
  6. 叔父:井岡弘樹さん(元世界2階級制覇王者)

「井岡一翔」選手は1度離婚されていて、再婚されています。

現在のお子さんは、再婚された吉田恵美さんとの子供で、仲の良い3ショットがインスタグラムに投稿されています。

この投稿をInstagramで見る

井岡一翔 (@kazuto_ioka_official)がシェアした投稿

<出典元 https://www.instagram.com/>

この3人のショット、かなり愛情が溢れていて良いですね。

お子さんもとてもかわいいです。

まとめ

「井岡一翔」選手の戦績はすごいですね。1敗しかしていません。

父親になり更に強くなった「井岡一翔」選手を今後も応援していきたいと思います。

スポンサーリンク