東京医師会の幹部(理事)は誰なの?勤務・経営している病院はどこ?

ミトです。

本日のニュース記事で、東京医師会の幹部の病院のコロナウィルスの病床使用率が

低いと上がっていました。

実態と異なる部分もあるようですが、すごく気になるニュースですね。

今回は、そもそも東京医師会の幹部(理事)は誰なのかを見てみます。

スポンサーリンク

東京医師会の幹部(理事)と勤務・経営している病院

東京医師会の会長は「尾﨑 治夫」さんです。

いつも会見等で出られていますね。

その他の副会長や理事の方です。

経営している病院や勤務病院についてもしらべました。

役職 名前 所属病院
副会長 猪口 正孝 平成立石病院
角田 徹 角田外科消化器科医院
平川 博之 平川病院
理事 落合 和彦 東京産婦人科医会・会長、

慈恵医師会会長

小林 弘幸

順天堂大学医学部附属順天堂医院

蓮沼 剛 セントラルクリニック
目々澤 肇 目々澤醫院
鳥居 明 鳥居内科クリニック
新井 悟 河北総合病院
西田 伸一 西田医院
川上 一恵 かずえキッズクリニック
土谷 明男 葛西中央病院
弘瀨 知江子 名和医院
佐々木 聡 ささき眼科
黒瀨 巌

慶洋会理事長

ケイアイクリニック

水野 重樹 水野医院
市川 菊乃 きくの耳鼻咽喉科クリニック
大坪 由里子

三軒茶屋病院

今回のコロナウィルスで特に8月から病床が足りない等のニュースが話題になっていました。

政府からは病床を用意した病院への補助が税金から出ているようです。

●重症者用:最大1950万円の補助金(1床)

●重症者以外:最大900万の補助金(1床)

●空床:1床につき1日7万1千円の補助金

本当の病床の空き状況等は分かりませんし、病院の状況や医師や看護師さんの状況も

分かりません。

なので、どの病院がどうなのかは不明ですし、もし本当に補助金が設備等に必要なのは

十分に分かります。

出来れば、勤務されている医師や看護師さんなどの給与などにもちゃんと補助されていることが望まれますね。

スポンサーリンク