ジャック・モリスとはどんな人?実は元メジャーで米国野球殿堂入り選手!

スポンサーリンク

こんばんわ。

ミトです。

 

今回も訪問頂きありがとうございます。

 

8月17日の大谷選手の試合で、解説の「ジャック・モリス」さんが放ったコメントが

炎上したようですね。

 

 

このジャック・モリスさんとはどんな人なのかを調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ジャック・モリスとはどんな人?

今回の騒動となったジャックモリスさんのプロフィールです。

 

国籍 アメリカ合衆国
出身地ミネソタ州セントポール
生年月日1955年5月16日(66歳)
身長/体重約190.5 cm/約90.7 kg
配偶者ジェニファー・モリス
子供エリック・モリス、 マイルズ・モリス
投球・打席右投右打
ポジション投手
プロ入り1976年 ドラフト5巡目
初出場1977年7月26日
最終出場1994年8月7日

 

メジャーリーガーの投手で4球団で活躍されました。

  • デトロイト・タイガース (1977 – 1990)
  • ミネソタ・ツインズ (1991)
  • トロント・ブルージェイズ (1992 – 1993)
  • クリーブランド・インディアンズ (1994)

14年連続開幕投手、37歳で21勝の勝ち星をあげている凄い投手だったようです。

 

 

メジャーリーガーの投手としては18年活躍されて、通算の成績も凄かったようです。

 

通算勝利数:254勝、敗戦:186

通算防御率:3.90

奪三振数:2478

 

 

名誉な記録と不名誉な記録

凄い名誉な記録と不名誉な記録もあります。

 

◆名誉な記録

  • 最多勝:2回(1981年、1992年)
  • 最多奪三振:1回(1983年)
  • 開幕投手:14回(1980年 – 1993年)※14年連続はメジャー記録
  • ワールドシリーズMVP:1回(1991年)
  • ベーブ・ルース賞:2回(1984年、1991年)
  • MLBオールスターゲーム出場:5回(1981年、1984年、1985年、1987年、1991年)
  • ノーヒットノーラン:1回(1984年4月7日)

 

◆不名誉な記録

  • ワールドシリーズで通算5のボークを記録

ワールドシリーズ史上最多タイ記録である(2007年終了時点)

 

米国野球殿堂入り選手!

ジャック・モリスさんは、

アメリカ野球殿堂入りの選出を行う全米野球記者協会の投票では2000年に資格を取得したようですが、得票率が67.7%だったようで、その年では殿堂入りできませんでした。

2018年、ベテランズ委員会の選出でアメリカ野球殿堂入りを果たしました

殿堂入りを記念し、ジャック・モリスさんのデトロイトタイガース時代の背番号47が永久欠番になりました。

 

大谷選手とカマラニドゥン選手の噂の写真が気になる!

コメント

タイトルとURLをコピーしました