山本久美はバスケット監督だった!どこのチーム!指導方法や成績は?

おはようございます。

ミトです。

7月27日の「セブンルール」に「世界の山ちゃん」の

社長の「山本久美」さんが出演します。

「世界のやまちゃん」の社長としても有名ですが、

実はミニバスケットの監督もされていたようです。

今回は、「山本久美」さんのミニバスケットの監督時代について

調べました。

スポンサーリンク

山本久美はバスケット監督だった!どこのチーム?

「山本久美」さんは、社長になる前は、小学校の教員もされていたようです。

その当時に、バスケットボールのクラブチームを3回、全国優勝をはたしています。

インタビューでスポーツのマネジメントと会社のマネジメントについて語っています。

「会社経営とスポーツマネジメントは似ているなと思います。小学校の教師をしていたころ、クラブチームの監督をし、3回、全国優勝させた経験があります。適材適所に人を置くとか、相手によってメンバーの組み方を変えるなど、スポーツマネジメントと組織運営には共通点を感じます」

<引用元 https://style.nikkei.com/>

「山本久美」さんも中学校は「名古屋市立守山中学校」で、ここでバスケットを始めています。

この時の監督がバスケットで有名な桜花学園高等学校の井上先生だったようです。

中学校の時は2年生でキャプテンに任命されたようです。

愛知教育大学を卒業した山本久美さんは、名古屋市立猪高小学校に赴任しますが、

小学校のミニバスケットの場合は市の大会が終わりです。

そのため、全国大会に出れるようにクラブチームを作りました。

『昭和ミニバスケットボールクラブ』

「山本久美」さんが26歳の時に設立したチームです。

猪高小学校の選手を主力にしたチームだったようですが、結成してわずか1年で全国大会で優勝しました。

2019年のネットの投稿で、現在は女子チームしかないようですね。

名古屋屈指の、愛知屈指の、そして全国屈指のミニバスケットボール名門チーム!

女子はまだ存続していると思いますが、男子はもうありません。

<引用元 https://mixi.jp/>

「山本久美さん」は2000年3月、32歳で教員の仕事を退職し、5月に結婚され、完全専業主婦となり、バスケットの指導も辞められました。

山本久美はバスケット監督の指導方法や成績は?

「山本久美」さんがクラブチームを設立した翌年の全国ミニバスケットボール大会の結果がありました。

回数 女子
男子
開催日
優勝校 結果 対戦相手 優勝校 結果 対戦相手
25 1994 昭和クラブ(愛知県①) 42 – 31 長町南小同好会(宮城県) 昭和クラブ(愛知県) 36 – 23 明治スポーツ少年団(神奈川県) 3月28日~31日
26 1995 昭和クラブ(愛知県) 35 – 14 江別少年団(北海道) 昭和クラブ(愛知県) 45 – 27 ちとせスポーツ少年団(青森県②) 3月28日~31日
27 1996 岡崎子ども教室(愛知県) 56 – 39 文京グーニーズ(東京都) 八児クラブ(福岡県②) 21 – 14 昭和クラブ(愛知県) 3月28日~31日
28 1997 昭和クラブ(愛知県①) 41 – 40 啓蒙スポーツ少年団(福井県) 昭和スポーツ少年団(愛知県) 52 – 21 静岡FASTスポーツ少年団(静岡県) 3月28日~31日

「山本久美」さんが良く子供たちに言っていたことがあるようです。

子どもたちにもよく言っていたんですが、人には役割があると。雑用をする人も必要だし、人のかげになって働くことになる人もいるだろうと。人を適材適所に置くとともに、それぞれの人間が自分の役割をきちんとやっていこうと伝えてきました。

苦労している人もいるんだということを常々言い、そういう人をほめたり感謝を伝えたりすることで、みんなまとまっていけたんです

「うちのチームは、全国大会とか大切な本試合以外はレギュラーが荷物を持たなくちゃいけないと決めていて、バスとか電車に乗るときもレギュラーじゃない子から座らせる。“彼らはあなたたちレギュラーのために(いろいろな雑用を)やっているんだ”と、わかってもらい、感謝を示してもらいたかったから

<引用元 https://www.jprime.jp/>

すばらしい考え方ですね。

なかなかここまで考えて指導する監督が凄いです。尊敬です。

「山本久美」さんの年収や夫重雄さんとの出会いが気になる

まとめ

今回は「世界の山ちゃん」の社長「山本久美」さんの

ミニバスケットボール監督時代を紹介しました。

このころからの指導方法が今の会社での方針にもなっているのですね。

スポンサーリンク