オリンピック野球ルール!ピッチクロックって何?延長戦やコールドゲームは?

こんばんわ。

ミトです。

連日、東京オリンピックで日本選手の活躍が凄いですね!!

今回のオリンピックの注目競技の1つ、「野球」ですが、いろいろとルールが

ありますので、今回は東京オリンピックの野球ルールについて、調べてみました!

スポンサーリンク

オリンピック野球ルール!ピッチクロックって何?延長戦やコールドゲームは?

今回の東京オリンピックの野球のルールを見ていきたいと思います。

ピッチクロックって何?

みなさんピッチクロックって知っていました。

すいません。私は知りませんでした。

2019年のプレミア12で導入されたルールのようです。

ピッチャーがランナーがいない時に、20秒以内に投球するルールです。

試合の時間短縮が目的のようですね。メジャーリーグでも2015年から導入の検討がされたようです。

全米の大学野球では採用され、メジャーリーグでもマイナーリーグで採用しているようですね。

20秒以内に投球しなかった場合は、ボールカウントが1つ増えます。

メジャーリーグの選手のコメントでは、試合が長くなるのは、投球間隔の問題ではなく、

打者のファール数による影響の方が大きいという人もいるようです。

侍ジャパンの稲葉監督は、少し注意しているようです。

普段は投手板の横に置くことが多いロジンバッグも、規定にならい意識して後方に置くことも徹底。指揮官は「グラブのひもがどうとか、相手が言ってくる可能性もある。何を言われても動じないようにしないと」とした。

<引用元 https://news.yahoo.co.jp/>

それ以外の時間制限もあるようです。

監督や投手コーチがタイムを取ってマウンドに行く場合は30秒以内、ピッチャーの交代とイニング間の攻守交代は90秒以内に制限されます。

ピッチャーの球数制限はあるの?

ピッチャーの球数制限は、ありません。

なので、先発ピッチャーが完投してもOKです。

延長戦やコールドゲームはどうなる!

延長戦はありますが、「タイブレーク」形式になります。

延長戦に突入した場合は、その回はノーアウトでランナー1・2塁で開始されます。

ソフトボールの「タイブレーク」に似ていますね。

ノーアウトランナー1・2塁なのでかなりチャンスが広がります。

コールドゲームも採用されています。

5回で15点差、7回で10点差の大差となった場合は、コールドゲームが成立します。

降雨の場合、規定回数の5回まで終了している場合、その時の点数で勝者が決まるようです。

5回を満たない場合は、ノーゲームになるようです。

ビデオ判定

「チャレンジ」または「リクエスト」と呼ばれるきわどいプレーの時に、どちらかのチームが

ビデオ判定を要求することができます。

1試合に2回まで使えます。

延長戦に入った場合は、新たに1回追加されるようです。

まとめ

今回は東京オリンピックの野球競技のルールについて

ご紹介しました。

7月28日から野球競技が始まります。

テレビの前で頑張って応援します。活躍を期待したいです。

スポンサーリンク