オリンピック400mリレーの日本出走メンバーを予想!

スポンサーリンク

こんばんわ。

ミトです。

 

いろいろな問題を抱えながら東京オリンピックの開幕が近づいてきましたね。

その中で、今回は陸上の男子400mリレーに注目したいと思います。

 

特に最強のメンバーがリレー代表メンバーとして構成されています。

いったい誰が出走するのか予想してみました。

 

スポンサーリンク

 

オリンピック400mリレーの日本出走メンバーを予想!

東京オリンピックの男子400mリレーのメンバーは以下の選手です。

 

●日本選手権100m優勝:多田選手

●日本選手権100m3位:山縣選手

●日本選手権100m4位:小池選手

●200mに出場:サニブラウン選手

●世界ランキングで権利を得た:山下選手

●世界ランキングで権利を得た:飯塚選手

●日本選手権100m5位:桐生選手

●日本選手権100m2位:デーデー・ブルーノ選手

 

まだこの中で誰がリレーの選手として出場するかは未確定です。

 

当日の調子までを考えて選出すると思われます。

 

第一走者はスタートダッシュが重要!

400mリレーの第一走者は、スタートダッシュが重要ですね。

スタートダッシュを得意とするのは多田選手ですね。

山縣選手も得意なのとリオオリンピックの銀メダル獲得時の経験もあります。

 

第二走者はどれだけ他チームに差を詰められないか!

第二走者は最初のバトンパスとなります。

走路も直線となり、第一走者でうまくスタートダッシュし、少しでも先行した順位を

落とさずに次へつなぐかが重要ですね。

そういう意味では、サニーブラウン・ハキーム選手、小池選手が良いのではと考えます。

 

サニーブラウン選手は日本選手権では、200mに照準を合わせていたいのと、試合数がすくなかったこともあり、本調子ではなかったようですが、最近の合宿で調子を取り戻してきているようです。

 

日本のリレーコーチの土江コーチも

「ハキームを指導するレイダーコーチと話し合い、今は状態が完ぺきでないだけに、彼の下で本番の200mに向けてしっかり準備をさせるのを選んだ」と説明した。

19年世界選手権も経験していて、200mをしっかり走れるようになれば4走として起用できると自信を持っている。「金メダル獲得のためには、ハキームは絶対に必要」

<引用元 https://news.yahoo.co.jp/>

 

と話しているようです。

確かに本調子であれば、サニーブラウン選手の第四走者も考えられますね。

 

 

第三走者はコーナリングが重要!

第三走者は、第二走者からのバトン受け渡しをコーナでもらいます。

その勢いでうまくコナーリングしていく必要があります。

 

過去の大会を見ると桐生選手が最もよいと思います。

リオオリンピックの時も桐生選手でほぼ先頭に立っていました。

 

ただ桐生選手は足の怪我の具合によって変わると考えられます。

 

第四走者は最後の脚力勝負!

第四走者は、各チームのエースが配置されますね。

ジャマイカの場合は、ウサインボルト選手。

 

ここは6月に100mの日本新記録を樹立し、後半も強い山縣選手でしょうか?

 

 

このメンバでは、かなりコーチも悩みますね。

私の勝手な予想出走者をまとめると以下の想定です。

 

●第一走者:多田選手

●第二走者:サニーブラウン選手

●第三走者:桐生選手

●第四走者:山縣選手

 

男子400mリレーの日程

東京オリンピックの男子400mリレーの日程です。

 

●8月5日(木)午前11時30分:予選(2組)

●8月6日(金)午後22時50分:決勝

 

オリンピックのリレー種目でリザーブ選手はメダルがもらえるの?

まとめ

今回は東京オリンピックの陸上男子400mリレーの出走メンバーを勝手に予想してみました。

どの選手が出ても最強布陣であることは間違いないと思います。

 

後はバトンミスとかが無いこと祈って応援したいですね。

 

 

スポーツ
シェアする
michibakをフォローする
ミトのALLトレンドニュース!

コメント