角田裕毅選手が2021年のF1参戦決定!評価と2021年ドライバラインナップ

スポンサーリンク

こんにちは。ミトです。

いつも私のサイトに訪問頂き、ありがとうございます。

 

今回は、2021年のF1に参戦が決定しました角田裕毅選手の話題と

ライバルとなる2021年のドライバラインナップについて書きます。

 

スポンサーリンク

角田裕毅選手が2021年のF1参戦決定!

出典元 https://f1-gate.com/

 

2020年12月16日に角田裕毅選手が2021年のF1参戦する発表がありました。

ついに7年ぶりの日本人ドライバのフル参戦となります。

しかも、参戦するチームは、「スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ」です。

日本人ドライバ+日本製エンジンという最高の組み合わせですね。

 

兼ねてからF1参戦が噂されていましたが、2020年は下位カテゴリのF2に参戦していました。

2020年の戦績は、3勝、表彰台登壇計7回、ポールポジション4回を獲得し、シーズンランキング3位でした。

F1ドライバーとなるために必要なスーパーライセンスの獲得要件を満たしました。

角田裕毅選手の周りの評価は?

今年の実績は、言うことはないのですが、角田裕毅選手の周りからの評価はどうなのでしょうか?

 

アルファタウリ・ホンダのチーム代表フランツ・トスト氏

12月15日の合同テスト後のコメント

「彼が間違いなくチームにとって大きな力になると確信しています。11月にイモラ・サーキットで2018年型のマシンをドライブした際には、コンスタントにペースを刻みながらもセッションを重ねるごとに進歩を見せ、我々のエンジニアに対してもマシンについて素晴らしいフィードバックを返していました。」

2020年F2参戦中でのコメント

「彼は本当に才能のあるドライバーであり、非常に高いスキルを持っている。昨年はF3でそれを示した。そして今年はF2でもそれを証明している」

「また、彼はパフォーマンスを向上させている。ますます経験を積んでいる。そしてもちろん、遅かれ早かれ、彼がアルファタウリのマシンに乗ることを期待しているよ。」

②レッドブル モータースポーツアドバイザー「ヘルムート・マルコ」

「角田のスピードは信じられないほどだ」、「私にとって彼はF2でベストな男だった」
「多くのマシン故障がなければ、彼はチャンピオンになっていただろう」

 

③英国メディア「THE RACE」

「角田は、マックス・フェルスタッペン以来のレッドブルで最もエキサイティングなホープだ」

 

上記のようにかなりの好評価を得ていますね。

ますます楽しみですね!!

 

角田裕毅選手のチームメイトと2021年ドライバラインナップ

角田裕毅選手は、アルファ・タウリ・ホンダから参戦し、来シーズンのチームメイトは、

ガスリーですが、ライバルとなる他チームの現時点(2020年12月18日時点)でのドライバ予定は以下の通りです。

チーム名 ドライバ
メルセデス 未決定(ルイス・ハミルトン) バルテリ・ボッタス
レッドブル マックス・フェルスタッペン 未決定

(アレクサンダー・アルボン)

(セルジオ・ペレス)

(ニコ・ヒュルケンベルグ)

フェラーリ シャルル・ルクレール カルロス・サインツ
アルピーヌ

(ルノー)

フェルナンド・アロンソ エステバン・オコン
マクラーレン ダニエル・リカルド ランド・ノリス
アルファタウリ ピエール・ガスリー 角田裕毅
アストンマーティン

(レーシング・ポイント)

セバスチャン・ベッテル ランス・ストロール
アルファロメオ キミ・ライコネン アントニオ・ジョビナッツィ
ハース ミック・シューマッハ ニキータ・マゼピン
ウィリアムズ ジョージ・ラッセル  ニコラス・ラティフィ

 

まだ未決定なのはメルセデスとレッドブルの合計2名ですね。

メルセデスは、ルイス・ハミルトンがほぼ濃厚なので、レッドブルのフェルスタッペンの相棒となるドライバだけですね。

個人的にはアルボンに頑張ってほしいのですが、2020年はフェルスタッペンとかなり差が開いたので、どうなるでしょうか?

 

まとめ

如何でしたか?2021年は日本人ドライバがフル参戦するので、非常に楽しみですね。

また、ドライバの移籍もありますし、アロンソが古巣のルノーから参戦するので、どこまで活躍できるか興味深々です。

ホンダも来年いっぱいで撤退してしまいます。来年こそ日本人と日本エンジンの活躍に期待します。

 

スポーツ
シェアする
michibakをフォローする
ミトのALLトレンドニュース!

コメント