川崎市の鮨「すがひさ」のお店情報!値段や予約方法を紹介!

こんばんわ。

ミトです。

6月29日(火)の「レベチな人」に神奈川県川崎市の「鮨 すがひさ」が紹介されます。

このお店は4年前にオープンして全国から予約が殺到しているようです。

どんなお店なのでしょうか?そもそも値段も気になりますね!

今回は「鮨 すがひさ」のお店情報や値段を調べてみました。

スポンサーリンク

川崎市の鮨「すがひさ」のお店情報!値段や予約方法を紹介!

「レベチな人」の予告でも紹介されていますが、「鮨 すがひさ」は店構えやネタも至って普通の寿司に見えるようで、何が画期的で人気があるのでしょうか?

人気の秘密は「変タイ鮨」と「津本式」

「鮨 すがひさ」では通常はメニューが1種類のお任せコースのみですが、月に数回、タイ料理と鮨のハイブリッドの創作鮨を提供しているようです。

それが「変タイ鮨」といわれているようです。

2つ目は「津本式」という方法で〆た魚を使っているようです。

この「津本式」という〆方は、魚を美味しく食べさせる非常に先進的な〆方で、熟成に向いているようです。魚の血抜きが画期的なようです。

鮨「すがひさ」のメニュー

鮨「すがひさ」のメニューです。

通常のメニューは1種類で、江戸前お任せコースのみです。

江戸前お任せコース:11,000円

つまみ5〜6品、握り11貫、巻物1品、留椀

そのときの季節や仕入れた内容で変わってくるようです。

月数回提供されるタイ料理と鮨を融合したコース

「変タイ鮨」

が2つ目のメニューです。

■変タイ鮨:15,000円

月に数回のみ提供される裏メニューのようです。

大将の菅さんは異色の経歴で「リクルート」→「タイ料理店」→「鮨職人」

とタイ料理も経験があり、この「変タイ鮨」がタイ料理と鮨の融合のようです。

口コミ情報に提供された料理がありました。

・プンパッポン出汁巻き
・クミンネギトロマンゴー
・ホタルイカとパックパイ味噌
・エスニック磯部巻き
・ホタテのテリーヌ
・子持ち昆布のエスニック風
・〆鯖の生春巻き
・黒ムツ パクチーベーゼ
・鰯 レモングラスオイル
・ヒラメの昆布締め チリインオイル
・金目鯛 カピ塩
・鰹のローズマリーバター豆板醤
・鯨のグリーンカレー漬け
・トムヤム車海老(天本風)
・マッサマン雲丹(タイ産の雲丹使用)
・シナモン煮穴子
・グリーンカレー稲荷
・グリーンカレー ビャンビャン麺
・ココナッツ玉子焼き イン タマリンドクリームチーズ
・お土産 ガパオ稲荷

<引用元 https://tabelog.com/>

■グリーンカレー茶碗蒸し

■グリーンカレー稲荷

鮨「すがひさ」のお店情報!

店名 鮨 すがひさ
電話

050-5456-7268

予約可否

完全予約制

【TableChek】からのネット予約
【食べログ】からのネット予約

電話での当日予約は現在行っていません。前日までの事前予約が必要です。

当月を含む3ヶ月分のみの受付となります

住所

神奈川県川崎市高津区久本1-16-15

 

交通手段 溝の口駅南口から徒歩6分
溝の口駅 から450m武蔵溝ノ口駅から305m
営業時間・
定休日

○営業時間

12:00〜14:00
17:00〜22:00

※現在は夜は17:00~20:00

○定休日:日曜日

支払い方法 カード可

(JCB、AMEX、Diners、VISA、Master)

電子マネー可

(交通系電子マネー(Suicaなど)、iD)

席数 8席

(テーブル席は現在使用していない)

まとめ

今回は神奈川県川崎市の鮨「すがひさ」さんを紹介しました。

通常の鮨店では考えられないメニューが人気のようですね。

今は事前予約が必須で、夜の時間も20時までの営業のため、予約が難しいかもしれませんが、

「レベチな人」でも絶品だったようです。

是非、一度は行ってみたいですね。

スポンサーリンク