群馬のお取り寄せ餃子を紹介!餃子の美味くなる焼き方も!【マツコの知らない世界】

こんばんわ。

ミトです。

6月8日(火)の「マツコの知らない世界」で北関東グルメSPが放送されます。

その中で群馬県の餃子が紹介されます。

餃子と言えば、栃木かなと思っていましたが、意外な群馬県の紹介でちょっと驚いています。

今回はそんなお取り寄せできる群馬の餃子と自宅でもできるおいしい餃子の焼き方を紹介しますので、最後まで読んでいってください。

スポンサーリンク

群馬のお取り寄せ餃子を紹介!

番組の放送では、お取り寄せ餃子の世界で「小野寺力」さん と「いつか」さんが登場します。

2020年に「小野寺力」さんは登場しています。

今回は栃木の前橋の餃子ではなく、群馬の餃子が紹介されます。

しかもお取り寄せできるので、必見ですね!

金星食品の特選生餃子

まずは群馬の金星食品の特選生餃子です。

金星食品は、創業50年の老舗餃子の製造・販売を行う会社です。

群馬県中心に素材を選び、うす皮に具がぎっしり詰まった餃子が大きな特徴です。

金星食品の特選生餃子
【価格】1,620円
【原材料】野菜(キャベツ(国産)、長ねぎ、ニラ、にんにく)、食肉(豚肉、鶏肉)、豚脂、皮(小麦粉、コーンスターチ)、粒状大豆たん白、砂糖、醤油、ごま油、食塩、香辛料/調味料(アミノ酸等)、トレハロース、酒精
【内容量】720g (18g(1粒)×40個)
【購入】オンラインショップ

https://kinseifoods.thebase.in/

フクヤのハッスル餃子

フクヤは高崎市にある昭和43年に創業した老舗の餃子メーカーさんです。

あんは野菜9割の野菜餃子で、軽くてとてもヘルシーです。

皮はパリパリ、モチモチで、食べごたえがあるのが特徴です。

冷凍餃子と生餃子があり、生餃子は生地とあんが別々になっているので、

購入後に自分で包む必要があります。

ハッスル餃子の冷凍餃子
【価格】1,800円
【内容量】10人前 60個入り
【購入】オンラインショップ

https://www.fukuya-gyoza.com/

餃子工房RONの上州麦豚生餃子

餃子工房RONは、みまつ食品が手掛ける餃子です。

みまつ食品自体は前橋市にある創業51年の老舗餃子メーカです。

「上州麦豚」をふんだんに使用した餃子です。

「上州麦豚」は麦を多く含む餌で育った麦豚は臭みの無いあっさりとした味で、
あっさりとした後味が特徴です。

餃子工房RONの上州麦豚生餃子
【価格】515円
【内容量】25g×10個
【購入】オンラインショップ

https://www.ron-gyouza.jp/

餃子の美味くなる焼き方!

餃子は焼き方を失敗するとおいしさが半減しますよね!

番組では美味くなる焼き方も紹介されています。

ポイントです。

– フライパンに予熱を入れて、冷まさない

– 米油をしっかり多めに使い、餃子の平らな面にしっかり油をつける

– お湯を入れて焼く

– フライパンの中からパチパチいうまでフタを開けない

– お湯がなくなった頃から餃子を揺らしておくと、餃子が離れやすい

– 餃子のふちが茶色くなったら焼き目はOK。あとはお好みの焼き加減で

名古屋の激ウマ持ち帰り餃子は必見です!!

まとめ

今回は「マツコの知らない世界」で紹介された群馬県のお取り寄せ餃子を紹介しました。

まだオンラインショップでも売り切りにはなっていませんでしたよ。

コロナ渦の影響もあるので、お取り寄せ餃子をご家庭で楽しむのも良いかと思います。

スポンサーリンク