中日VSロッテ戦(2021年6月2日)のコリジョンルール!正しいコリジョンルールとは?

スポンサーリンク

こんばんわ。

ミトです。

 

6月2日の中日ドラゴンズとロッテの試合のコリジョンルールが

話題になっていますね。

 

ドラゴンズファンの私としては非常に残念な結果です。

 

今回のコリジョンルールについてはネットでもいろいろな意見が出ています。

最終的には審判が判断するので、判定が悪いとか良いとかは言いにくいのですが、

本当のコリジョンルールとはどのような内容であるか調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

中日VSロッテ戦のコリジョンルール!正しいコリジョンルールとは?

 

中日VSロッテ戦で発生したコリジョンルールのシーン

6月2日のバンテリンドームの交流戦の中日とロッテの第2戦の9回表のロッテの攻撃で

発生しました。

 

2点リードの中日ですが、新守護神の又吉選手が連打をあびて、2アウト2塁1塁のピンチとなります。

 

バッターはロッテの角中選手で、センター前ヒット!

 

2塁ランナーの中村選手とドラゴンズの木下選手(キャッチャー)のクロスプレーで発生しました。

 

 

一旦は審判はアウトと判定しましたが、ロッテの井口監督がリプレイ検証を要求して、

結果コリジョンルールが適用されて、同点となりました。

 

コリジョンルールの定義

そもそもコリジョンルールの正しい規定は何でしょうか?

NPBで規則が2016年から決められました。

 

(1)得点しようとしている走者は、最初から捕手または本塁のカバーに来た野手(投手を含む、以下「野手」という)に接触しようとして、または避けられたにもかかわらず最初から接触をもくろんで走路から外れることはできない。

もし得点しようとした走者が最初から捕手または野手に接触しようとしたと審判員が判断すれば、捕手または野手がボールを保持していたかどうかに関係なく、審判員はその走者にアウトを宣告する。

<< 一部省略>>

 

(2)捕手がボールを持たずに得点しようとしている走者の走路をブロックすることはできない。

もし捕手がボールを持たずに走者の走路をブロックしたと審判員が判断した場合、審判員はその走者にセーフを宣告する。

前記にかかわらず、捕手が送球を実際に守備しようとして走者の走路をふさぐ結果になった場合(たとえば、送球の方向、軌道、バウンドに反応して動いたような場合)には、本項に違反したとはみなされない。

また、走者がスライディングすることで捕手との接触を避けられたならば、ボールを持たない捕手が本項に違反したとはみなされない。 本塁でのフォースプレイには、本項を適用しない。

<< 一部省略>>

<引用元 https://npb.jp/>

 

これが決められた規定です。

今回のコリジョンルールが適用されたのは、キャッチャーの木下選手のボールを補給するまでの立ち位置だったと思われます。

 

動画で、上空からの映像だと分かりやすいのですが、ボールを待っているときに、ベースと進路に体がかかっていたのだと思います。

 

この規定の微妙なところが、2つ目の赤字の部分ですね!

 

要するにバックホームで投げられたボールが少しベースから離れた位置となった場合に、そのボールを取る為にランナーの進路に入った場合は対象外と規定しています。

 

今回のシーンを見ると、木下選手はわざと妨害しているとは思えず、ボールがサードよりに来たので、補給する為に少しベースと走塁方向に行ったような気がします。

 

審判の方もこの微妙なルールに判定が難しいところですが、

簡単に考えると、点を取らせない為に、あきらかに走者をブロックする為に妨害した場合はコリジョンルールの適応と思いますね!

しかもボールを持った状態で妨害してもこれは適応外なのでしょうか?

 

解説していた立浪さんもルールが厳しすぎると話していました。

 

ちゃんと審判団から後日でも良いので、この規定と今回のプレーのどの部分がコリジョンルールになったか説明した方が良いと思いますね!

 

 

与田監督のコメント

試合後の中日ドラゴンズの与田監督のコメントです。

 

「我々として、故意にブロックしたと思っていない」と苦い顔。

「ジャッジメントなので受け入れざるを得ない」

「野球というスポーツの流れの中で、あれを故意にブロックという判断は解釈の違いがある」

<引用元 https://www.sponichi.co.jp/>

 

ネット上の反応

今回のプレイで「コリジョン」というキーワードがホットになっています。

ネット上の反応です。

 

 

ファンを含めて意見はありますが、怪我が無かったことが一番だと思います。

後は、ちゃんと分かりやすいルールと説明が必要ですね!

 

スポーツ
シェアする
michibakをフォローする
ミトのALLトレンドニュース!

コメント