JR東海の新幹線運転士の3分間離席問題!交代要員は乗っていないの?

スポンサーリンク

こんばんわ。

ミトです。

 

JR東海の東海道新幹線の運転士が走行中に運転席を離れたニュースが

話題になっています。

 

そもそもこのような事態を想定して運転士は2名体制になっていないのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

JR東海の新幹線運転士の3分間離席問題!交代要員は乗っていないの?

事実関係!

今回のJR東海の新幹線の問題を整理してみます。

 

■事実

男性運転士トイレに行くためおよそ3分間免許のない車掌と入れ替わり、運転室を離れていた。

5月16日午前8時過ぎ、東京駅発新大阪行きの東海道新幹線「ひかり」で問題が発生しました。

「熱海=三島間」を走行中に、36歳の男性運転士が小田原駅到着前に急な腹痛となり、トイレに行こうとして運転室に男性車掌を呼びました。

運転士は「操縦を代わってくれ」と依頼し、この車掌は新幹線の運転免許は持っていないと説明しました。

しかし運転士は我慢できず「機器には触れず運転室にいてくれ」と言い残して、客室のトイレに向かったということです。

運転士が席を離れた際、新幹線は時速150キロで走行中でおよそ160人が乗っていました

 

運転士から三島駅の通過がおよそ1分遅れたようです。

 

JR東海側の話によると、新幹線の運転士に心身の異常があった際は「指令に連絡、場合によっては安全最優先で緊急停止させる」

 

この指令と呼ばれるのは、走行の新幹線を管理する指令室のことです。

 

この事実で問題となった点は大きく2つですね。

 

①運転士が操縦できない車掌を置いてトイレに行った。

②車掌も速やかに指令室に連絡しなかった。

 

運転士は2名体制ではないのか?

ふと疑問に思うことがありました。

通常新幹線は2時間以上の運転が多いと思います。

今回のような運転士の緊急の事態を想定して2名体制になっていないのでしょうか?

 

JR東海社が平成28年に発表した新幹線の車内体制の見直し資料では以下のように改定されています。

※一部抜粋

(2)乗務体制の見直し
① 勤務開始から終了まで、同一職場の運転士と車掌でクルーを構成することで、異常時をはじめとする運転士と車掌の連携強化を図ります。

② 車内巡回の重点区間(東京~新横浜間、京都~新大阪間等)を設定し、お客
様のご利用状況に応じて柔軟に乗務員を増配置することで、異常時対応力や
サービスの向上を図ります。

<引用元 https://jr-central.co.jp/>

 

新幹線開業当時は運転士は2名いたようです。

 

現在の東海道新幹線の運転士は1人乗務です。ハイテク機器にサポートされて安全を確保しているようです。

走行中の交替は、相手がいないからできないため、運転士の交替は、「ひかり」「こだま」は名古屋駅で行われ、「のぞみ」は原則として新大阪駅まで交替なしのようです。

 

車掌が運転士の免許を持っている場合もあるようです。

ネットの反応は!

今回の問題でネットの反応は、運転士さんをかばう声が多いです。

 

 

まとめ

新幹線の運転士は、通常1名体制なんですね!

確かに機械の制御なども向上していますが、今回のような人的に緊急な状態になる場合も

あるので、やはり2名体制が良いのかと思いますね!

 

 

ニュース
シェアする
michibakをフォローする
ミトのALLトレンドニュース!

コメント