出川哲郎がマリエに反撃開始する?マリエが敗訴した場合の罪や賠償金はいくら!

こんにちは。

ミトです。

タレントのマリエさんと出川哲郎さんの話題が泥沼状態ですね!

出川哲郎さんが何かしらのアクションを起こすのでは!と噂になっています。

スポンサーリンク

出川哲郎がマリエに反撃開始する?

マリエさんは、インスで10代の頃に芸能界引退した島田紳助さんから〝枕営業〟を持ち掛けられたと告発し、その場には出川哲朗さんも同席し、制止しなかったと言っています。

出川さんの所属事務所は公式サイトで、コメントを発表しました。

「出川本人に確認したところ、番組の収録後の打ち上げで出演者、事務所関係者、番組スタッフなど大勢がいる場では同席したことが一度ありましたが、プライベートで食事に行ったことは一度もなく、お騒がせしているような事実はないと申しております。」

また、マリエさんは告白本のオファーを出そうとしていたようですが、出版社側がマリエさん訴訟問題があった場合に出版社側も対象になると思い、告白本の出版が白紙になったようです。

出川哲郎さんは、5月13日日の日本テレビ系「ダウンタウンDX」に出演した時に、松本人志さんに予想通りイジられました。
出川哲郎さんは「交通事故も交通事故」「これから事実が判明しますから。大丈夫です」とコメントしています。

「これから事実が判明しますから。」ということは何かしらのアクションを起こす可能性があるようです。

マリエさんはインスタで『別にいいよ。私のこと訴えようよ』と投稿しています。

マリエが敗訴した場合の罪や賠償金はいくら!

出川哲郎さんがマリエさんを訴えるとしたら、「名誉毀損罪」になると思います。

名誉毀損罪は刑法230条1項で次のように規定されています。

第230条1項 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。

名誉毀損罪で訴えられた場合は、マリエさんが反論するには、出川哲郎さんが行ったことの真実を証明する必要があります。

そうなると当時現場にいたとされる出川哲郎さん以外の芸人が真実だと語る必要があると思いますが、これは厳しいと思いますね!

名誉毀損罪の場合、50万円以下の罰金なんですね。

ただここまで、世の中の話題になったので、50万円以上にマリエさんに対する印象が悪くなり、ダメージは大きいと思います。

過去の芸能関係の名誉毀損罪をご紹介します。

●清原和博選手が小学館を相手取った裁判の場合、損害賠償の請求額は5000万円だった。
2001年の判決による請求認容額は1000万円と、それまでの最高額となった。

(その後の控訴審で600万円に減額)。

●2002年には芸能プロダクション「ジャニーズ事務所」と同社のジャニー喜多川社長が、 「週刊文春」が1999年10~12月にかけて「芸能界のモンスター追及」と題する8本の記事を掲載し、喜多川社長が事務所に所属する少年らに対し、わいせつ行為を繰り返しているなどと報じたことに対し、1億700万円を請求した。
こちらの判決による請求認容額は880万円だった。

●2009年1月には、楽天と同社の三木谷浩史社長らが、週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の新潮社に対して計14億8000万円の損害賠償を求めていた訴訟の判決があり、東京地裁は名誉棄損を認定。新潮社側に計990万円の支払いを命じた。

●これまでの名誉棄損訴訟1件あたりの賠償額の最高額は、週刊現代の八百長疑惑報道で名誉を傷つけられたとして、日本相撲協会と横綱朝青龍など力士30人が発行元の講談社側に約6億1000万円の損害賠償などを求めた訴訟。
東京地裁は2009年3月、講談社側に4290万円の支払いと記事取り消し広告の掲載を命じた。

●同様に、週刊現代の八百長疑惑報道で名誉を傷つけられたとして、日本相撲協会と北の湖前理事長(元横綱)が、同誌発行元の講談社や執筆者の武田頼政氏らに計1億1000万円の損害賠償などを求めた訴訟では、東京地裁は講談社側に1540万円の支払いと、記事取り消し広告の掲載を命じた。

過去の事案では、損害賠償請求を求める側の金額が大きいですが、結果として支払われる額は少ないですね!

まとめ

出川哲郎さんが裁判する場合は、名誉毀損罪を想定します。

マリエさんが敗訴した場合は50万円以下の罰金のようですが、出川さん側がどれぐらいの賠償請求をするかによりますね。

スポンサーリンク