SSW・「にしな」とは!ぷらそにか/アサノユフナでの活躍!ゲスの極み・川谷の提供した曲

こんばんわ。

ミトです。

5月7日の『ミュージックステーション』にSSW(シンガーソングライター)の「にしな」さんが出演します。

2021年にブレイクするアーティストとして注目を集めています。

今回は、「にしな」さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

SSW・「にしな」とは!

それでは「にしな」さんのプロフィールを見ていきたいと思います。

「にしな」さんのプロフィール

この投稿をInstagramで見る

にしな(@247nishina247)がシェアした投稿

●生年月日:1998年7月25日

●年齢:22歳

●出身地:東京都

●ジャンル:J-POP

●職業:シンガーソングライター

●担当楽器:ボーカルギター

●事務所:RED

2017年頃からライブハウスでの活動を開始し、弾き語りでの演奏のほか、バンド「アサナユフナ」のメンバーとしての活動も行います。

2018年からはアコースティックセッションユニット「ぷらそにか」のメンバーとして活動し、2019年8月24日のライブをもって卒業します。

2019年8月9日に配信が開始された、ゲスの極み乙女!川谷絵音のソロプロジェクト「美的計画」の第1弾楽曲「KISSのたびギュッとグッと」のボーカルを担当します。
「美的計画」では、2020年6月12日に配信が開始された楽曲「恋のこと」でもボーカルを担当しました。

2021年に、Spotifyの「RADAR: Early Noise 2021」の一環として発表された、2021年に飛躍が期待される国内アーティスト10組に選ばれています。

4月7日には、ワーナーミュージック・ジャパンより、1stアルバム『odds and ends』をリリースします。

音楽を始めたきっかけは、 「歌うことが好きだったので、根本はなんとなくで、いつのまにか始まっていた」と言っています。

また「音楽活動を意識したという意味では、ソニーミュージックさんのthe lessonという、無料レッスンがきっかけです。」だったようです。

始めた買ったCDはコブクロの「5296」で、コブクロファンだったんですね!

歌声が絶賛!

「にしな」さんの歌声がかなり絶賛されています。


<出典元 https://www.youtube.com/>

独特な歌声ですね!

かなり絶賛されています!

やさしくも儚く、中毒性のある声。どこか懐かしく、微睡む様に心地よいメロディーライン。無邪気にはしゃぎながら、繊細に紡がれる言葉のセンス。穏やかでありながら、内に潜んだ狂気を感じさせる彼女の音楽は、聴く人々を徹底的に魅了する。

<引用元 https://prtimes.jp/>

ネットでもかなりの評判です!

SSW・「にしな」のぷらそにか/アサノユフナでの活躍!

「ぷらそにか」での活躍!

「にしな」さんのプロフィールでも書きましたが、「ぷらそにか」のメンバーです。

ぷらそにか(PLUSONICA)は、個々で活動するシンガーソングライターによる、アコースティックセッションユニットである。YouTubeにカバー曲を投稿するのが、メインの活動で、メンバーは、総勢37名(2021年4月現在)です。

「ぷらそにか」は2019年8月に卒業されていますが、その時のコメントです。

アサノユフナでの活躍!

「アサノユフナ」のバンドは、男女ツインボーカルの4ピースロックバンドでした。

またその当時の路上ライブの「にしな」さんです。

ゲスの極み・川谷の提供した曲

川谷絵音さんが、ソロプロジェクト「美的計画」を発足して、提供した曲です。

このプロジェクトは、川谷絵音さんが作る曲を様々なボーカリストに歌ってもらうプロジェクトで、最終的に一枚のアルバムを仕上げることを目標としています。

このプロジェクトの発足と共に発表されたのは、『KISSのたびギュッとグッと』という曲です。

川谷絵音さんがTwitter上で突如つぶやいた企画で、「にしな」さんが選ばれました。

「突然ですが、なんかカバーの弾き語り動画とかリプライで送ってくれたらもれなく見ます。一番良かった人には新曲作って、その曲あげます」

「にしな」さんに決まった時のツイッターのコメントです。

配信曲が配信開始された時のツイッターのコメントです。


まとめ

いかがだったでしょうか。

シンガーソングライターの「にしな」さん。

4月にはアルバムもリリースされ、ますます楽しみです。

今日の「ミュージックステーション」も大注目です。!

スポンサーリンク