[2021]ふたご座流星群の東京・名古屋で見やすい条件・場所・方角・時間

スポンサーリンク

 

今年もふたご座流星群が活発になる時期がきましたね。

12月13日の夜から14日明け方、12月14日の夜から15日の明け方が最も活発になるようです。

 

流星群は、ペルセウス座流星群も有名ですよね。

 

明りの少ないところで見るのが一番見やすいのですが、なかなかそのような場所までいけない方も多いと思います。特に都会にすまれている方や町中に住まれている方。

 

そこで、今回は、ふたご座流星群を都会でも見やすい場所を調査しました。

 

スポンサーリンク

2021年ふたご座流星群の見やすい条件

2021年のふたご座流星群ののピークとなる時間帯や見やすい条件です。

 

●明け方の月が沈んが頃

●広く空が見渡せる場所

●人工的な明かりがすくないこと

●あとは雲がかかっていないこと

 

上記の4つの条件が、一番見やすい条件のようです。

 

月が沈んだ頃

月の光があるとその分、流星群の星は見えにくくなります。

12月13日と14日の月の出と入り時間を調べてみました。

意外と全国の都市圏でも月の出と入時刻が違いますね。

東側の東京の方が早く出て、早く沈む。西の福岡が一番遅く出て、遅く沈む。

●東京都

12月13日: 月の出:13時11分頃、月の入:深夜0時54分頃

12月14日: 月の出:13時36分頃、月の入:深夜1時52分頃

 

●名古屋

12月13日: 月の出:13時22分頃、月の入:深夜1時06分頃

12月14日: 月の出:13時48分頃、月の入:深夜2時04分頃

 

●大阪

12月13日: 月の出:13時28分頃、月の入:深夜1時12分頃

12月14日: 月の出:13時54分頃、月の入:深夜2時10分頃

 

●福岡

12月13日: 月の出:13時49分頃、月の入:深夜1時33分頃

12月14日: 月の出:14時16分頃、月の入:深夜2時30分頃

 

12月13日~15日の明け方の天気

せっかくふたご座流星群が活発になっても天気が悪くて雲があると当然見えません。

気になる天気です。

12月13日からは冬の気圧配置となるようです。

12月11日時点での13日~15日の天気です。

東京と福岡は14日の天気がくずれそうな予報です。名古屋、大阪は両日とも天気は良さそうです。

●東京都

12月13日: 晴れのち曇り(降水確率20%)

12月14日: 曇りのち雨(降水確率60%)

 

●名古屋

12月13日: 晴(降水確率10%)

12月14日: 晴(降水確率0%)

 

●大阪

12月13日: 晴(降水確率10%)

12月14日: 晴(降水確率10%)

 

●福岡

12月13日: 晴(降水確率10%)

12月14日: 晴のち曇り(降水確率40%)

 

東京都内でふたご座流星群を見るお勧めの場所

都会の町の明かりを回避して、都内でもふたご座流星群を見やすい場所はあるのでしょうか?

砧公園(世田谷区)

<出典元 https://twitter.com/>

●住所:世田谷区砧公園・大蔵一丁目

●駐車場:233台 24時間営業 有料(1時間まで300円)

●開園時間:24時間

 

②石神井公園(練馬区)

<出典元 https://twitter.com/>

●住所:練馬区石神井台一・二丁目、石神井町五丁目

●駐車場:41台 24時間営業 有料(1時間まで400円)

●開園時間:24時間

 

③夢の島公園(江東区)

<出典元 https://twitter.com/>

 

●住所:江東区夢の島一、二丁目

●駐車場:68台 24時間営業 有料(1時間まで200円)

●開園時間:24時間

 

④目黒天空庭園(目黒区 )

<出典元 https://twitter.com/>

 

●住所:目黒区大橋一丁目9番2号

●駐車場:23台 24時間営業 有料(20分まで200円)

●開園時間:7時-21時

こちらの庭園は、時間が21時までなので、深夜の月の入の時は難しいですね。

 

名古屋市内でふたご座流星群を見るお勧めの場所

名古屋市内で町の明かりを回避して、都内でもふたご座流星群を見やすい場所はあるのでしょうか?

名古屋市内は比較的大きな公園が市内にあります。

沢山あるので、駐車場の無料・有料に分けて記載します。

名古屋市内は、栄や名駅以外であれば、高いビルも少ないです。

市内の公園も大きな公園が多く、結構夜空の広く見えるのではないかと思います

 

駐車場が“無料”の公園

    • 戸田川緑地公園(とだがわこどもランド)【港区】
    • 大高緑地【緑区】
    • 牧野ヶ池緑地【名東区】
    • 小幡緑地【守山区】
    • 港北公園【港区】
    • 荒子川公園【港区】
    • 神宮東公園【熱田区】

 

駐車場が“有料”の公園

    • 鶴舞公園【昭和区】
    • 白川公園【中区】
    • 庄内緑地【西区】
    • 名城公園【北区】
    • 天白公園【天白区】
    • 吹上公園【昭和区】
    • 川名公園【昭和区】

まとめ

今回は、2021年のふたご座流星群の都会での見やすい場所や時間帯をお伝えしました。

 

東京・福岡は天気を考えると12月13日の深夜から明け方が良いと思います。

月の入りが深夜の1時頃になるので、それ以降が一番見やすい時間帯になると思います。

名古屋・大阪は、12月13日、14日とも天気は良さそうなので、両日で観測ができると思います。

月の入りは深夜1時以降になるので、こちらも時間帯はかなり遅くなります。

 

ご家族で見る場合は、深夜までは無理だと思いますので、近くの公園で、なるべく町や月の光が入りにくい場所で観察するのが良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました